ガンマとの出会い
そんなガンマちゃんの購入動機は、免許を取りに行った時
400を教官が倒して「はい、これ起こして」と言われ
重くて起こせずなんかしらんけど、小型2限定に、、、(苦笑

んで、一年教習所に通って(長すぎ(><;;
免許を取り(全部1発で行けた
雑誌をいろいろみた結果、国内ではレプリカがRGしかなく
本当はホンダ車が欲しかったが、これしかないのでしかたなく
これに決定、125ccと言う事もあり
半年待ちは覚悟し、バイク屋にあったら連絡くれるように言う位の
気持ちで「大手中古量販店」へ行く

バイク屋に行き、展示場に行くと定員さんがいたので
「RG125あります?」っと聞くと
店員さんが「ああ、今整備中やわ」と言われ見せてもらう
そこには、ステッカーが少し無い、外装を全部外した
白青のガンマちゃんがおいてあり、青か黒か欲しかったので
これ逃したら次いつあえるか解らないので速攻契約(超ラッキー
さらになんと、私が見に行った前日に入荷したらしい
あっ、もちろん中古ですよ(笑

94年式で1万2千キロ代の走行距離で18万だったので
今、思うと「安いな~」と思う
なんだなんだ言って、1999年11月20日に無事納車
その日の内に、父と神社にお払いに行く事になって
神社に行く途中、Fブレーキを掛け転倒(爆
当然、お払いは中止、、、

数日後にお参りは行きました
その後Fブレーキでまたこけるが、いまは問題なくかけれる
どうやらワイヤーが馴染んで少し緩くなったみたい

来て一年位は、エンジンが始動しないということが多発し
しょっちゅう工場にはいっていたが
原因はキャブと自分だったみたい(汗
「セルでのプラグのかぶり取り」と「押し掛け」を覚えたので
始動は出来るようになった

その後、間違ってオイルポンプを壊して混合給油化にしたり
バッテリー外して、コンデンサーに変更したりして
結構ハードな仕様になる


当サイトの「文章」「画像」の無断転移は堅く禁止しています
inserted by FC2 system